Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
起亜自、独で新型「ソウル」など発表
2013年09月11日

起亜自動車は10日に開幕した独フランクフルトモーターショー(プレスデー:2013年9月10〜11日、一般公開日:9月14〜22日)で小型車「ソウル」の次世代車や小型車のコンセプトカー「ニーロ(Niro)」、小型車「ピカント」の液化石油ガス(LPG)対応車などを発表した。

新型ソウルは起亜「シード(cee’d)」とプラットフォーム(車台)を共有することで乗り心地やハンドリングを改善。車体の剛性も先代より29%引き上げたとしている。カーゴ部の容積は4%拡大され、354リットルとなった。

エンジンは1600ccのガソリンとディーゼルで、6速のマニュアルとオートマチックのトランスミッションと組み合わされている。エンジンは先代と同じもを引き継いだ。欧州では2014年中に販売を開始する予定としている。

■Niroは前輪をエンジン、後輪をモーターで駆動
コンセプトカーのNiroはBセグメントに属する。通常時にはエンジンで前輪だけを駆動させる前輪駆動(FF)車だが、走行時の状況や路面に応じて後輪をモーターで駆動させることができる全輪駆動車(AWD)。モーターは回生ブレーキによって蓄積した電力で駆動させる。

パワートレインの最高出力はエンジンが160馬力、モーターが45馬力。7速のデュアルクラッチ・トランスミッション(DCT)を採用する。独フランクフルトのデザインスタジオが開発した。

■LPG対応車は年内に発売
ピカントのLPG対応車は年内にドイツやイタリア、ポーランド、チェコ、ギリシャ、ポルトガル、オランダの7カ国で先行発売する。3気筒の1000ccエンジンを搭載しており、最高出力は67馬力。後輪車軸の前方に容量35リットルのガソリンタンク、トランクフロアの下に容積27リットルのLPGタンクを配置しており、ドライバーはダッシュボードのスイッチで自由に使用する燃料を選ぶことができる。

情報源:(株)国際自動車ニュース

一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.