Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
タカタ、フランクフルトで歩行者保護システム展示
2013年09月13日

自動車用安全システムメーカーのタカタは、10日に開幕した独フランクフルトモーターショー(プレスデー:2013年9月10〜11日、一般公開日:9月14〜22日)で2種類の歩行者保護システムを展示している。

同社は、特に自動車のボンネットフードやフロントガラス、Aピラーとの衝突が頭部損傷に重大な影響を与えると考えており、これらとの衝突から歩行者の頭部を守る製品として、「ポップアップフードデバイス(Pop-up hood device)」と「歩行者頭部保護エアバッグ(Pedestrian headprotection airbag)」を出展している。

ポップアップフードデバイスは、歩行者との衝突を検知すると、ボンネットフード後端を持ち上げ、ボンネットフードとその下の堅い構造物(エンジンなど)との間のスペースを広げ、ボンネットフードが変形することで衝撃を緩和するシステム。2008年に第1世代の量産を開始し、今回、小型軽量化した第2世代を開発した。

歩行者頭部保護エアバッグは、フロントガラスや両サイドのピラー(Aピラー)部分を覆うように広がり、周辺の堅い構造物との衝突から歩行者の頭部を保護する。

どちらの技術も法規要件を満たすだけではなく、交通弱者保護の改善を求める新車評価プログラム(NCAP)の要件に対応しているという。

情報源:(株)国際自動車ニュース

一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.