Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
ハネウェル、北米のターボ車販売は5年で67%増と予測
2013年10月04日

自動車部品大手の米ハネウェルは3日、エンジンのダウンサイジング化に伴い、北米ではターボチャージャー付きエンジン車の販売台数が2013年には390万台に達し、18年には13年比で67%増の650万台に達するとの予測を明らかにした。12年のターボ車の販売実績は320万台だったとしている。

北米の乗用車・商用車市場では、現在のターボ車の割合は17%だが、18年には31%に達するとした。同社によれば、米環境保護庁(EPA)が2025年までに米国内の販売台数の90%がターボ車になるとの見通しを示したことから、18年以降もターボチャージャーの需要拡大が続くとみている。

同社は2014年には米国で20ブランドの60以上のモデルについてターボチャージャーの開発に関与するという。世界全体では毎年平均で100件のターボアプリケーションを提供しており、500件以上の開発実績があるとしている。

■欧州と中国はガソリン、インドはディーゼルのターボ化が進行
米国以外では、欧州はガソリンエンジンのターボ化が進み、18年までにターボ車の比率が67%に達するとした。中国でもガソリンエンジンのターボ車市場が現在の年間400万台から18年には1000万台規模まで増えると予想している。

インドでは小排気量のディーゼルエンジンを中心としてターボ化が進むものの、ターボ車の比率は現在の46%から18年に48%への微増にとどまるとした。

世界全体での12年のターボ車比率は30%で、18年には38%まで伸びるとしている。

情報源:(株)国際自動車ニュース

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.