Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
マヒンドラがプネに自動車鋼板センター、印台日の合弁で
2013年11月19日

インドの財閥マヒンドラはこのほど、傘下のマヒンドラ・インタートレードが、台湾の中貿国際股フェン有限公司、シンガポールのアジア・大洋州三井物産と合弁で、西部マハラシュトラ州プネ近郊のチャカンに自動車用鋼板のサービスセンターを設置することで合意したと発表した。総投資額は15億ルピー(約24億円)。2015年度第4四半期から生産を開始する予定。生産能力は年間13万トン。

新サービスセンターは、マハラシュトラ州産業開発公社(MIDC)の工業団地チャカン・インダストリアル・エリア「フェーズ2」に建設する。敷地面積は10エーカー(約4万470平方メートル)。

合弁事業の出資比率は、マヒンドラ・インタートレードが51%、中貿国際と三井物産が各24.5%。中貿国際には台湾の製鉄メーカーである中国鋼鉄股フェン有限公司(CSC)が100%出資している。

新サービスセンターで生産する自動車用鋼板の原材料は、CSCが台湾から輸入するほか、インド国内で調達する。サービスセンターでは、プネ周辺の自動車メーカー向けに、調達、倉庫保管、歩留まり最適化、外国為替リスク管理、物流などのサービスに加え、ブランクなどの製品を供給する。

新サービスセンターは、マヒンドラにとってインド7カ所目のスチール加工施設で、プネでは3カ所目となる。

情報源:(株)国際自動車ニュース

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.