Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
三菱重工のETC、インドの高速道路で本格稼働
2013年12月04日

三菱重工業は3日、同社がインドに供給した新興国向けノンストップ自動料金収受システム(ETC)が、西部グジャラート州の高速道路で本格的な稼働を開始したと発表した。車両のフロントガラスに貼付したステッカータイプのRFID(電波個体識別)タグを、料金所に設置したRFIDリーダーが検知して課金するシンプルなシステム。日本からインドへのRFID方式ETCの供給は今回が初めて。

三菱重工が供給したのは、RFID方式ETCを構成する主要機器であるリーダー30式などで、現地の料金収受システムインテグレーターであるKENT Intelligent Transport Systems(India)から受注。インド全国統一の規格に準拠しており、販売されるRFIDタグと通信することでETCとして機能する。同社は今回、新興国向けETCとして新たに機器を設計した。

RFID方式ETCが本格稼働したのは、グジャラート州最大の都市アーメダバードと、同州3番目の都市ヴァドーダラー(Vadodara)を結ぶ95キロメートルの区間。インド国道庁(NHAI)が建設した同国初の高速道路で、料金所6カ所、計59車線が設置されており、このうちETCレーンとなる28車線に対応している。

同社はETCや電子道路課金システム(ERP)などで豊富な実績を持ち、国内だけでなく、シンガポール、マレーシア、タイなど海外でも多くの供給実績がある。

インドに供給したRFID方式ETCは簡易版ETCといえるもので、同社は今回の実績を契機に、今後も供給先の実情に合った多様なETC、ERPの供給を推進する。

情報源:(株)国際自動車ニュース

一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.