Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
ホンダマレーシア、タイからの部品輸送を鉄道に転換
2013年12月10日

ホンダのマレーシア現地法人、ホンダマレーシアは9日、タイ〜マレーシア間の部品輸送の中心をトラックから鉄道に切り替えると発表した。タイ国有鉄道(SRT)とマレーシア鉄道公社(KTM)の鉄道網を利用する。これにより二酸化炭素(CO2)排出量が60%削減され、物流コストが2年間で最大50%節減できる見通し。

ホンダマレーシアの年間生産台数は現在の5万台から2016年までに10万台に倍増する見込み。現在は、1日にコンテナ25〜30個の部品をタイからマレーシアに輸送しているが、将来的には日量120個に増加すると予想されている。

■品質と納期いずれも良好
KTMはGPSトラッキングシステムを導入しており、ホンダマレーシアはリアルタイムで輸送状況を把握できる。また、鉄道輸送に切り替えることで、部品へのダメージなどの物流リスクを最小化することが可能だ。

タイからマレーシアまでの鉄道での輸送時間は2.5日間で、トラック輸送の3日間、海路の7日間から短縮される。これにより在庫を6日分に減らすとともに、顧客に届けるまでの時間を縮めることができるという。

情報源:(株)国際自動車ニュース

一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.