Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
日産が超軽量エンジンを開発、重さ40キロで400馬力
2014年01月28日

日産自動車は27日、英国で重さ40キログラム、最高出力400馬力の超軽量エンジン「DIG―TR」を開発したと発表した。エンジン自体のパワー・ウェイト・レシオは1キロ当たり10馬力となるため、F1用のマシン以上の効率を実現したとしている。

同エンジンは3気筒で排気量は1500ccのターボチャージャー付き。サイズは全長400ミリメートル、全幅200ミリ、全高500ミリ。重さも40キロと軽いため、人が両手で持ち上げることも可能だ。回転数の上限は7500で、トルクは380ニュートンメートル(Nm)。

■レース用EVに搭載
同エンジンは、日産が開発した世界最速の電力駆動レーシングカー「Nissan ZEOD RC」に搭載することができる。今年6月に開かれるルマン24時間耐久レースに出場させる際には同エンジンを搭載し、最初の1周は電気で、残りは同エンジンで走行させる方針。同社は今後4カ月間にわたり各種テストを実施し、6月14〜15日に開催されるルマン24時間耐久レースに間に合わせる予定だ。

■仏トタルが開発協力
同エンジンの開発に当たっては石油大手の仏トタルが協力している。特に燃料と潤滑油に関連する分野について日産のエンジニアと共同で開発を進めた。潤滑油については、エンジン内部のフリクションの低減だけでなく、パワートレインのあらゆる部位で効率化に寄与したとされる。

日産でグローバル・モータースポーツ・ディレクターを務めるダレン・コックス氏は「当社は世界的にメジャーなモータースポーツで3気筒エンジンを使用する最初の大手自動車メーカーになる。このエンジンの開発プロセスで得られた知見はいずれ量産車にも生かされるようになるだろう」と話している。

情報源:(株)国際自動車ニュース

一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.