Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
マグナと伊バイオオン、バイオ樹脂で共同研究
2014年02月10日

自動車部品大手のマグナ・インターナショナルは7日、イタリアの知的財産剣ロ有会社であるバイオオン(bio-on)とバイオプラスチックの共同研究を実施することで合意したと発表した。

バイオオンが保有するバイオ樹脂の知財を使用して、自動車部品の素材を開発する。マグナがチェコ北部のリベレツ(Liberec)州リベレツ市に保有する開発拠点で共同研究を行う。

バイオオンの知財は、砂糖大根の副産物をバクテリアによって発酵させることでポリヒドロキシアルカノエート(PHA)に生成する技術を主な内容とする。水または土壌内で100%の生分解が可能であり、穀物も消費しないため食物連鎖に悪影響を及ぼすこともない。耐熱性や耐衝撃性も石油由来のプラスチックと同水準としている。

一方、マグナは自動車部品への応用や加工プロセスのノウハウを提供し、特にコスト面での競争力を高めていく方針だ。マグナの内装部品部門であるマグナ・インテリアズが研究を主導する。

バイオオンは2007年の設立で、100%の生分解性を持つPHAの開発に世界で初めて成功したとされる。同社の共同創業者であるマルコ・アストッリ最高経営責任者(CEO)は今回の提携について「当社が開発した技術は、すでに複数の産業で将来性が認められており、自動車産業にも応用していきたい」と述べた。

情報源:(株)国際自動車ニュース

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.