Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
FOMMが超小型EV開発、タイ生産を計画
2014年02月20日

FOMM(本社・神奈川県川崎市)は19日、高効率インホイールモーター搭載の4人乗り超小型EV(電気自動車)「FOMMコンセプトOne」を開発したと発表した。3月に開催されるバンコク国際モーターショーに出品する。

同社はタイで同コンセプトカーの製造・販売に向けた交渉を進めており、2015年9月からの量産開始と10月の発売を目指すという。希望販売価格は100万円未満で、初年度の販売目標は5000台。

FOMMコンセプトOneは、昨年からFOMMと大同工業、日本特殊陶業が共同開発した「カプセルEV」がコンセプトの世界最小クラスの4人乗りEV。全長2495mm、全幅1295mm、全高1550mm、車両重量460キログラムで、両サイドにスライドドアを採用し、乗降時に余分なスペースを取らないよう設計されている。

■燃費換算でリッター96.7キロダイレクト駆動方式を採用し、高効率で応答性の高い走りが得られる。また、FF(フロントモーターフロント駆動)レイアウトのため、回生エネルギーも回収しやすく、ガソリン換算燃料は1リットル当たり96.7キロメートルを達成。

インホイールモーターを用いることで、より多くのスペースを確保し、通常エンジンが装備される場所には、ステアリングや電送系の部品を配置。これにより車両を小型化することが可能となった。

FOMMコンセプトOneは、操作に足を使わず、すべて手で操作する。バイクのハンドル式の操作系を採用しているため、アクセルペダルがなく、ドライバー席を可能な限り前方へ移動させることが可能となった。

■カセット式バッテリーで利便性を向上
EV普及の大きな課題とされているバッテリー価格と性能のギャップを解消すべく、カセット式バッテリーを採用。2個のバッテリーを直列配置したものを1セットとし、最大3セット搭載可能。航続距離は約100キロ(市街地走行モード)となっている。

バッテリーは1セットずつ消費していくため、交換の手間が省け、家庭でも非常用電源として使用可能。カセット式バッテリーだけでなく、一般的なEV同様、家庭用コンセントからも充電できる。

今後は、バンコク国際モーターショーに出品した後、超小型モビリティに特化した事業モデルを展開する計画。大同工業、日本特殊陶業と共同で車両開発を進めながら試作車両やショーカーを製作し、タイに現地法人または支社を設立する予定だ。

車両の製造(量産)は現地企業への委託を検討中で、開発した技術をライセンス提供することでロイヤリティを得る形で事業展開する方針。車両の販売・マーケティングについても現地企業と交渉を進めているという。

情報源:(株)国際自動車ニュース

一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.