Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
クライスラー、ミシガン工場で800人増員
2014年03月17日

クライスラーは14日、米ミシガン州のスターリングハイツ組立工場(SHAP)で800人の増員を行ったと発表した。同工場は2009年6月にクライスラーが再生した際、2010年末に一度は閉鎖されることが決まっていたが、その後のクライスラーの復調で存続となったことで知られている。

今回の増員はクライスラーブランドの中型乗用車「200」の2015年モデルの生産に伴う措置で、同工場の従業員総数は2800人となった。09年当時からは倍増したことになる。クライスラー200はフルモデルチェンジされ、トヨタ「カムリ」やホンダ「アコード」と競合する見通しだ。

クライスラーは今回の増員に合わせて塗装工程とボディ組立工程の新施設を設置し、建屋面積を500万平方フィート(約46万4500平方メートル)拡張した。フィアットの生産方式である「ワールドクラス・マニュファクチャリング(WCM)」を導入し、クライスラーとしては最も柔軟な生産対応能力を持つ拠点となった。2つの異なるアーキテクチャーを持つ多様なモデルを混流生産することが可能になったとしている。

情報源:(株)国際自動車ニュース

一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.