Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
欧州裁、仏サンゴバンへのカルテル課徴金を減額
2014年03月28日

欧州司法裁判所に併設される欧州一般裁判所は27日、欧州委員会が自動車ガラス大手の仏サンゴバンに科した課徴金を減額するとの判決を下した。サンゴバン側は判決文を精査したうえで今後の方針を決めるとしている。

サンゴバンは1998年3月10日〜2003年3月11日の期間に同業他社とともに自動車ガラスの納入価格を不当に操作するカルテル行為を行ったとされ、08年11月に欧州委員会から8億8000万ユーロ(約1236億円)の課徴金を科されていた。その際、欧州委はサンゴバンが1984年と1988年にも欧州連合の競争法規に違反したと断定し、課徴金額を60%上乗せするとしていた。

欧州委の決定に対してサンゴバンは10年以上も前の違反を理由とする上乗せは受け入れられない主張し、欧州一般裁判所に提訴したため、今回の訴訟となった経緯がある。

欧州一般裁判所は課徴金の上乗せについて、1988年の違反はサンゴバンと一定の資本関係にはあるものの、別会社による事件であり、サンゴバンと親会社には抗弁する機会が与えられていなかったと指摘。その一方、1984年の事件については今回の事件との関連性があると認定。欧州委は上乗せ幅を半分の30%に引き下げるべきとの判断を示した。

情報源:(株)国際自動車ニュース

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.