Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
フォードがオハイオ工場に5億ドル、新型エコブースト生産
2014年03月31日

フォード・モーターは28日、オハイオ州ライマのエンジン工場に改修に5億米ドルを投じる計画を明らかにした。主力のピックアップトラック「F―150」の2015年モデルに搭載する新型の2700cc・V6「エコブースト」エンジンを生産する。これにより300人の新規雇用が創出される計画だ。

新型の2700cc・V6エコブーストエンジンには、スタート/ストップ(アイドリングストップ)機能を標準装備し、さらなる燃費の低減を実現する。

■6.2リッターエンジンを廃止
F―150は北米での販売台数最多を誇るモデル。現在は、4種のエンジンを用意している。新型2700cc・V6エコブーストエンジンの導入により、6200cc・V8エンジンがラインアップから外される。F―150の14年モデルの販売に占める6200ccエンジンの搭載車の割合は5%にとどまっていた。

15年モデルでは、2700cc・V6エコブーストのほか、3500cc・V6、3500cc・V6エコブースト、5000cc・V8エンジンの3種が選択できる。

■数年内に300人を追加雇用
オハイオ州ライマのエンジン工場は1957年に操業を開始。現在の従業員数は約900人で、新型エコブーストエンジンの生産に伴い、向こう数年間で300人が追加雇用される見通しという。

情報源:(株)国際自動車ニュース

一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.