Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
GM、中国でマグネシウム合金の縦型鋳造機を試験稼働
2014年04月04日

ゼネラル・モーターズ(GM)は3日、中国・上海市のGMチャイナ・アドバンスト・テクニカル・センター(ATC)が同日、マグネシウム合金の縦型鋳造機、VSC(Vertical Squeeze Casting)マシンの試験稼動を開始したと発表した。同社はこれにより、軽量素材の開発が飛躍的に進歩するとしている。

VSCシステムは、GMの米デトロイトと上海の研究チームが共同開発した。融解したマグネシウムの表面を酸素から隔絶することで酸化物の発生を防止し、マグネシウム合金の性能と品質を大幅に向上することが可能という。

新技術の導入により、マグネシウム合金を用いた自動車部品の製造が容易となり、車両の軽量化と燃費改善が実現できる。マグネシウム合金はアルミニウム合金と比べて30%軽量。GMは、自動車の車両重量が150キログラム軽減されるごとに燃費が7%改善すると試算している。

中国の素材研究チームのマネジャーであるジェフ・ワン氏は、新型鋳造機の導入により、一部の鋳造部品をより低コストの鋳造部品に置き換えることが可能になるとしている。

同氏はまた、世界のマグネシウム生産の80%以上を中国が占めていることから、GMチャイナのATCが豊富な原材料を生かすことができる利点もあると述べている。

情報源:(株)国際自動車ニュース

一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.