Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
米国のタクシードライバー、乗り合いタクシーUberに顧客うばわれ全米労組結成か?
2014年06月12日

Uber、LyftやSideCar等の携帯を使ったオンデマンド配車サービス企業が全米のタクシードライバーの生活を脅かしている。

Uber達は世界の各都市で展開されている配車サービスで、携帯アプリから今いる場所にハイヤーを呼ぶ事ができ、決済はアプリ内で行いその場で支払う必要は無い。

ニューヨークタイムズによると、これらの新興企業がタクシーが提供する配車タクシーサービスに対抗するため、ニューヨークのタクシー組合(組合員17,000人)はシカゴのタクシー運転手と共闘する計画を立てている。またフロリダ州マイアミ、テキサス州オースチン、ペンシルバニア州フィラデルフィアのタクシー組合との連携も準備しているそうだ。

日本において、Uberは高級ハイヤーのイメージだが、米国では高級ハイヤーを配車するUber、低価格タクシーを配車するUberX、既存のタクシーを配車するUberTAXIという三種類のサービスが提供されている。


このなかで、最も既存のタクシーに影響を与えているのがUber Xだ。Uberはあくまで配車という仲介サービスをビジネスモデルにしているので、車を保有したり、運転手を自社で雇用する必要がない。それゆえ、低価格でのタクシーサービスが提供可能だ。

簡単な審査こそあれ、運転手を希望する者は、普通自動車の運転免許証と、一定サイズ以上の車を保有していれば誰でも、すぐに運転手になれる。そのため学生や主婦が隙間時間を利用してアルバイトとして運転手になっている。

そのうえ、オンデマンド輸送のUberは、他の乗客と料金を分割支払いできるサービスまで提供している。携帯に最新アプリをダウンロードすれば、利用者は車を呼んだ後「料金分割」機能を選び、連絡先から友達を招待したり、手動で携帯電話番号を入力することができる。

サービスの質に関しては、利用者が運転手を採点する機能がアプリにあるので、星5つ満点の評価が4以下になると運転手登録が抹消されるので、サービスの質もうまく維持されている。

これでは無愛想で態度が悪かったり、無駄におしゃべりするようなタクシー運転手は駆逐されてしまうだろ。

日本では行政が規制で守っているので、米国のような低価格サービスが実現されるかどうかは疑問だが、もしTPPの締結によりタクシー業界の規制緩和が進められれば、日本のタクシー会社が壊滅に追い込まれる可能性もある。

情報源:AutoblogGreen、Ubarプレスリリース及び関連記事


一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.