Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
ニューメルセデスSクラス、3Dプリンターのトリム(内装品)採用を検討
2014年08月26日

昨年、メルセデスは2015年に発売予定のSクラスクーペのコンセプトカーに3Dプリンターで製造した部品を使用したことを公表した。また、メルセデスはコンセプトモデルだけではなく、次世代のS-Class 2018について、最終製品の内装品に3Dプリンターで製造したパーツの導入を検討している。

Sクラスはメルセデスのなかでも、最も革新的な技術が使われている車種で、ジェスチャーコントロール、軽量化したワンピースシート、エアベントのような最先端の革新的な内装パーツの製造に3Dプリンターを使うようだ。また、メルセデスは3Dプリンターを使っての部品製造が経済的で、現実的な選択肢の一つになると考えている。

メルセデスの主任インテリアデザイナーのJan Kaul氏は、(英国)自動車雑誌の「Auto Express」の取材に応じ、3Dプリンターはエアベントだけでなく、スピーカーグリル等、他の細かい部品をより強く、軽く、そして迅速に製造することが可能だと語った。さらに、3Dプリンターは高品質でありながら、廉価に自動車部品を提供できるとも述べている。

プラスチックの内装部品に3Dプリンターを使うかどうかは部品の形状、材料費、生産スピードによるが、今回のメルセデスの発表で最も重要なことは、Additive Manufacturing(付加製造)が自動車の内装部品の製造に採用される可能性が高いということだ。

情報源:3D Printing Industries

一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.