Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
ロンドン市、ディーゼル車撲滅のため3億ポンドを投入
2014年09月17日

ロンドン市のBorris Johnson(ボリス・ジョンソン)市長が総額3億ポンド(約4億8,800万ドル)の予算を組んで、公害をまき散らすディーゼル車を撲滅するためのプログラムを6月から開始した。

この計画は現在使用しているディーゼル車をスクラップにし、電気自動車などの代替エネルギー車に買い替えたドライバーに対し、1台につき2,000ポンド(約3,250ドル)の奨励金をだすというものだ。

ジョンソン市長はロンドンの中心部を超低エミッション・ゾーン(Ultra Low Emission Zone)に指定し、外部から入ってくるディーゼル車には料金を課すことを予定しており、この計画がロンドン市をEUの厳しい公害規定に適合するのに役立つと考えている。

同計画の対象になるのは車歴12ヶ月以上の車両で、300,000台がその条件に合致する。

ロンドン市の発表によると、排ガスに含まれる二酸化窒素を減らすために、2020年から、ロンドン市に入ってくるディーゼル車に対して1台当たり10ポンドの通行料を課す。ディーゼル車は英国の自動車市場の半分を占めるほど人気があるのだが、ロンドン市長は”ディーゼル車が環境に良い”と思い込んでいる一般ドライバーの勘違いを正したいと述べている。

ディーゼル車は通常、ガソリン車よりも排ガスは少ないが、二酸化窒素や硫黄が多く含まれている。またディーゼル車から排出されるPM2.5やPM10と呼ばれる微小粒子状物質はロンドンの大気汚染に関連する数千人の死亡原因と因果関係がある。

情報源:AutoblogGreen

一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.