Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
米国のウーバータクシーがソウル上陸、市当局やタクシー会社とトラブルに
2014年10月27日

米国発でサンフランシスコに本社を置く、タクシー配車サービスのウーバー(Uber Taxi)は世界各地の規制当局やタクシー会社とトラブルになっているが、ついに韓国のソウル市でも営業を開始した。

ウーバーの広報担当者によると、同社はソウル市のタクシードライバーと契約(人数非公表)を結び、10月23日の木曜日から事業を開始した。

ウーバーのドライバーはウーバー経由で顧客を獲得した場合、会社にコミッションを支払う必要がなく、1回の乗車につき紹介料2,000ウォン(約1.9ドル)を支払うだけでよい。

しかしこのサービスはいままで規制に守られてきたタクシー業界にとっては脅威であり、韓国の運輸省やソウル市ともまだ合意には至っていない。従ってウーバータクシーは現地法では非合法な商行為と見なされる。

一方、ウーバーは同社のサービスが韓国の法律にのっとったものであり、合法であると主張している。

今回のソウルでの問題は、すでに世界各地でおきており、ウーバーは英国、イタリア、フランス、スペイン、ドイツのタクシー運転手の組合から反対に遭っている。また、欧州最大の市場であるドイツでは業界団体のタクシー・ドイチェランドがドイツの輸送法に違反しているとしてウーバーを提訴し、ドイツ全土で営業禁止を命じられた。

しかし、ウーバーは、自分たちが行っていることは既得権でがんじがらめになっている業界に風穴を開け、消費者の利益になるもと主張し。規制当局の制止を振り切り営業を継続している。

同社の営業戦略は攻撃的であり、韓国でも簡単に事業展開をあきらめることなく、徹底的に戦うものと思われる。もし同社のビジネスモデルが消費者に受け入れられ浸透すると、ソウルのタクシー業者の市場シェアが大幅に浸食され、壊滅に追い込まれる可能性もある。

注:Uberとは世界の各都市で展開されている配車サービスで、携帯アプリから今いる場所にハイヤーを呼ぶ事ができ、決済はアプリ内で行いその場で支払う必要は無い。ウーバーは高級ハイヤーを配車するUber、低価格タクシーを配車するUberX、既存のタクシーを配車するUberTAXIという三種類のサービスが提供されている。簡単な審査こそあれ、運転手を希望する者は、普通自動車の運転免許証と、一定サイズ以上の車を保有していれば誰でも、すぐに運転手になれる。そのため学生や主婦が隙間時間を利用してアルバイトとして運転手になっている。


情報源:AutoblogGreen

一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.