Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
スロバキアの空飛ぶ自動車、エアロモービル3.0が実験飛行
2014年11月04日

スロバキアのベンチャー企業AeroMobile(以下エアロモービル社)が、空飛ぶ自動車の試作機AeroMobile3.0をオーストリアのウィーンで開催された最先端技術展示会のthe Pioneer Festival 2014で披露した。

エアロモービル社は昨年、プロトタイプのAeroMobile2.5を公表したが、実験飛行では安定性にかけ、想定していた十分な高度に達することもできなかった。

改良された試作機3.0モデルでは、全長6mの翼を開閉することができ、自動車として走るときには車幅2.2m(飛行時の車幅8.3m)になり、駐車場に止めることも可能だ。

座席は2人乗りで、車体は鋼鉄のフレームにカーボンを覆うことで、車体重量は450kgに軽量化されている。飛行時の最高速度は時速200km、航続距離は700kmになる。エンジンはオーストリアのエンジンメーカーであるBRPロータックス(BRP-Rotax GmbH & Co. KG )の航空機用エンジンRotax912を搭載しており、燃費は飛行時で15 I/h、自動車としての走行時で8 I/100kmだ。

空飛ぶ自動車の開発者はエアロモービル社の共同創設者でチーフデザイナーのMr. `tefan Klein (ステファン・クライン氏)で、同氏はアウディ、フォルクスワーゲン、BMWで自動車開発に携わるかたわら約20年にわたって空飛ぶ自動車の研究を続けてきた。

AeroMobile3.0の実験走行は10月から始めているが、市販されるまでにはまだ多くの課題が残っており、早くてもあと2-3年(2016-2017年)はかかる見込みだ。また、離陸するためには200mの滑走路が必要であり、現状では公道から飛び立つことはできず、空港を利用することになりそうだ。


ブログ投稿:株式会社ユーディアール小椋貴

一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.