Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
日産自動車とアメリカ航空宇宙局、2015年内に自動運転車両の共同開発・展開を目指しパートナーシップを締結
2015年01月13日

日産自動車株式会社は9日、同社の北米研究拠点が、アメリカ航空宇宙局(NASA)と、自動運転システムの発展、および、同技術の商業的応用を目指し、共同で研究・開発を行う5年間のパートナーシップを締結したと発表した。


日産総合研究所シリコンバレーオフィスと、カリフォルニア州モフェットフィールドにあるNASAエイムズ研究センターは、自動運転システムやヒューマン・マシン・インターフェース、ネットワーク対応アプリケーション、ソフトウェアの分析・実証、道路交通環境および宇宙で使用される高度なハードウェア・ソフトウェアを含むすべての技術開発に取り組む。


両研究所は、自動運転技術の搭載車両が実際に資材や人間の輸送を遠隔操作で行うことが可能であるか検証するため、自動運転技術を搭載したゼロエミッション車両を用いてエイムズ研究センター敷地内にて実験を行う予定だ。今回の実験では、NASAミッションコントロールセンターで行っている惑星探査車の遠隔操作と同様の技術を適用する。自動運転車両の最初のプロトタイプ車両を用いた検証実験は、2015年内に実施予定だ。


日産は、複雑な都市部を含む多様な道路状況に対応できる能力を兼ね備えた自動運転技術搭載車両の導入を2020年までに行う予定だ。


今回のパートナーシップにより、NASAは、日産から自動運転車両に用いられる革新的な要素技術、専門知識を共有しながら、車両を用いた輸送に関する共同研究、適正なプロトタイプシステムの利用、ロボットソフトウェア用実験設備の活用などが可能になる。

「これから日産と共同で行う研究内容はすべて、これまでエイムズ研究所がNASAの主要プログラムに大きく貢献してきた領域だ。例えば、火星探査計画ソフトウェアや、国際宇宙ステーションに搭載されているロボット、次世代の航空管制システムなどは当研究所が開発に貢献した。私たちは、このパートナーシップによって培われた知識を、将来の宇宙航空分野の発展に活用できることを楽しみにしています。」と、エイムズ研究センターのピート・ウォーデン所長は述べた。

情報源:日産自動車プレスリリース

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.