Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
インド、新車リッター当たり走行距離を18.2kmに設定し、罰則も導入
2015年05月15日

インド政府は自動車メーカーが2017年4月から従うべき、リッター当たりの走行距離ガイドラインを告知した。

乗用車及びユーティリティー車はリッター当たり、最低でも18.2km走ることを求められることになった。この新走行距離は現在、使用されている車の平均走行距離を15%上回るものだ。

法律が施行されると、自動車メーカーはリッター当たり18.2kmで走る車を販売することはできるが、自社の販売する他のモデルの走行距離を伸ばして、平均で18.2kmを順守する必要がある。

また2022年4月からは平均でリッター当たり22kmの走行距離に基準値があげられる。トラックやバスについても、同様に別の走行距離基準値が設定される。

新しい基準値の導入は、違反した場合に厳しい処分を下すことになっており、これによりインドも米国、日本、ドイツ及び中国のような自動車先進国の仲間入りを果たすことを期待されている。

新しい基準値の施行と罰則につては道路交通省(the Ministry of Road Transport and Highways)によって決定される。また新基準はエネルギー効率局(the Bureau of Efficiency)によって大枠が設定される。

今回の基準が導入されることにより、インド全体では年間のエネルギー費用が9,000億ルピー(約1兆6,927億円)節約できる。

情報源:The Economic Times (5月15日号)

一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.