Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
ルノー・日産アライアンス、過去最高のシナジー効果(38億ユーロ)を達成
2015年07月10日

ルノー・日産アライアンスは10日、2014年度のアライアンスのシナジーが、前年の28.7億ユーロ(3,875億円)から38億ユーロ(5,130億円)と増加し、過去最高の効果を達成したと発表した。アライアンス初のコモン・モジュール・ファミリー(CMF)導入の車両に加え、昨年度の4つの主要機能統合により、シナジーが加速した購買、開発、生産分野が大きく貢献した。

シナジーは、主にコスト削減、コスト回避、さらに収益増により創出される。そして、新たなシナジーだけを 毎年カウントしている。シナジー効果を明らかにすることは、ルノーと日産双方の業績目標達成の確認に役立つ。またシナジーは、コスト効率や売上を向上させることで、世界中の顧客に、より価値のあるクルマを提供することに大きく貢献する。

ルノー・日産アライアンスの会長兼CEOのカルロス ゴーンは、「アライアンスはコモン・モジュール・ファミリーにより、購買から車両開発、パワートレインまで、全ての主要な事業分野でシナジーを創出し続けている。また同時に、昨年度行った、両社の研究・開発、生産技術・物流、購買、人事の4つの主要な事業機能の統合により、効率性とスピードを向上させることで、シナジーの勢いを加速している」と述べた。

ルノーと日産は、2014年4月1日に以下の4機能を統合した。両社は別会社でありながら、各機能は、両社共通のアライアンス副社長が統括している。この機能統合により、アライアンスは、年間シナジー額を、2009年度の15億ユーロから、2016年度までには43億ユーロまで引き上げることを目標としている。

  • 購買、開発、生産分野が、シナジー増大に大きく貢献
  • コモン・モジュール・ファミリー(CMF)により、全ての主要事業分野でシナジーを創出
  • 2014年の中核事業の機能統合により、シナジーの勢いを加速
  • 販売、マーケティング、他の事業分野による貢献が増大

情報源:日産自動車プレスリリース

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.