Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
(独)運輸大臣がフォルクスワーゲンの排ガス不正について米国運輸省長官と面談
2015年10月29日

フォルクスワーゲンのディーゼル排ガス不正スキャンダルが世界の自動車業界の注目を集めつづけている。ロイターによると、ドイツの運輸大臣アレクサンダー・ドブリント氏が米国の運輸省長官、アンソニー・フオックス氏とこの件について来週、面談する見込みだ。またドブリント氏は米国環境保護省(EPA)においても会談をもつ予定だ。


ドブリント氏によると、フォルクスワーゲンによるディーゼル車の排ガス不正操作は米国だけでなく全世界で1,100万台になると述べている。

米連邦取引委員会はフォルクスワーゲンの広告キャンペーンが虚偽広告でなかったかどうか調査している。ドイツでは独政府がヴォルフスブルクにあるフォルクスワーゲン本社を急訪し、誰がディーゼル不正に関与しているかを明らかにする証拠を調査中だ。

スキャンダルはすでにフォルクスワーゲンの業績に大きな影響を与えており、同社の発表によると、その損失は73億ドル相当になる。

中古車価格の相場情報を提供するケリー・ブルー・ブックによると、不正問題が発覚して以降、フォルクスワーゲンのディーゼル車の中古車価格が16%減と、ガソリン車(2.9%減)と比べて大幅に落ち込んだ。さらに、(米国)グリーン・カー・ジャーナル誌や米国エネルギー効率経済協議会(ACEEE)も過去にフォルクスワーゲンに授与した環境性能に最も優れた自動車の賞を取り消し、そのリストから除外した。

情報源:株式会社

一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.