Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
日産、マイクロソフトのクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」をテレマティクスシステムに採用
2016年01月06日

日産自動車とマイクロソフトは1月5日、米ラスベガスで開幕したコンシューマー・エレクトロニクス・見本市2016(CES 2016)において、電気自動車(EV)「日産リーフ」の全グレードおよびインフィニティの欧州モデルに搭載されているコネクトテレマティクスシステムに、マイクロソフトのクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」を採用すると発表した。

日産は、マイクロソフトのクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」を活用することで、同社のEVリーダーシップの拡大と、同社の顧客とクルマが相互にいつでもつながることができる様々な方法を提供したいと考えている。

日産は、「デジタルネイティブ」と呼ばれる、環境問題に対する高い意識を持つ次世代顧客のニーズを満たすクルマを設計しています。また、同社はEVの所有者とその周辺環境とのコネクティビティにより、さらにその利便性と魅力を向上させる計画だ。

地図、距離予測、充電ステーション、充電ステータス、そしてユーザーが乗車中に期待する全てのサービスは、このコネクティビティに左右される。「Azure」の提供する安全なグローバルクラウドプラットフォームによって、日産は幅広い顧客基盤にも対応するグローバルでのサービス提供が可能にする。

日産のテレマティクスシステムは、「Azure」と連動することで、車両へのリモート接続が可能になる。「日産リーフ」のドライバーは、車両に乗車しなくても、一連の機能を使用することが出来る。例えば、インターネット対応の携帯電話を使って車両のエアコンの電源を入れたり、クルマがパワーダウンした時でも遠隔操作で充電を行うことができる。 また、充電を自動的に開始するタイマー機能もダッシュボードに搭載されている。

日産とマイクロソフトは、データの機密性や技術基準に対する各国の規制の厳格化に応じて、世界各地の規制基準に適合するための投資を行っている。日産は、その非常に高い安全性と規格適合性を評価し、「Azure」を選択した。

マイクロソフトは、クラウドのプライバシー保護に関する世界基準であるISO27018 を採用し、大手では最初のクラウドプロバイダーとなりました。これは、「Azure」の信頼性が評価されるもう一つの理由だ。

「Azure」は、様々なオペレーティングシステム、プログラム言語やツールをサポートしているため、日産は柔軟にそれらを選択することができる。

全世界で販売されている「日産リーフ」に搭載された(日産のコネクトプラットフォームと連動したモバイル向けアプリの一部)ハンズフリー機能(Hands-Free Text Messaging Assistant)によって、ドライバーはステアリングから手を離すことも、道路から目を逸らすこともせずに、音声制御によって受信メールを確認することができる。メールの受信をドライバーに知らせるだけでなく、音声認識によってメールを読み上げることも可能だ。また、音声でのメールの返信の他に、「運転中につき、返信できません」、「今向かっています」、「遅刻しそうです」、「了解」など、事前設定された返答文をステアリングのボタン操作で送信することもできる。これらの機能は、「Azure」のバックエンドコネクティビティとサポートによって可能となる。

日産はまた、「point of interest (POI)」の更新信号を利用して、顧客に最新情報を届けるなど、サービスの向上を続けている。「Azure」へのコネクティビティによって、日産は新たなコネクト機能を市場により早く投入し、拡大することが出来る。

今回の提携によって、日産は、データ管理や分析などの重要領域にまたがるマイクロソフトの深い専門知識を活用することが可能になるマイクロソフトが持つ高い安全性と大容量のクラウドプラットフォームにより、日産のグローバル事業を支えることができる。Azureデータセンターのグローバルにおける実績は、世界中どこにいても日産のクルマのサポートが可能であることを証明している。

今回の日産との提携は、自動車メーカーがマイクロソフトのインテリジェントクラウドプラットフォームを活用することで、どんなことを実現可能にするかを示した。さらに、今回の連携は、クラウドと常時つながることがユーザーのドライビング経験にもたらすあらゆる可能性をもお見せすることになる。

情報源:日産自動車プレスリリース

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.