Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
HVとEVの接近音基準、国連機関で採択
2016年03月10日

国連欧州経済委員会(UNECE)傘下の自動車基準調和世界フォーラム(WP29)は9日、歩行者などにハイブリッド車(HV)や電気自動車(EV)などの接近を知らせるための音を発生させることを義務付ける規制案を採択した。


同規制案の名称は「Regulation on Quiet Road Transport Vehicles (QRTV) 」で、加盟国に対し、HVやEVには人工音発生装置の搭載を義務付けるよう求めている。音量はガソリンエンジン車と同等となっており、時速0〜20キロメートルの前進時と後退時に発生させることになった。

具体的には時速10キロでの走行時に50デシベル、20キロでは56デシベル、後退の際には47デシベル以上の音量にすることで、歩行者や自転車ユーザーに車両の接近を周知する。時速20キロを超えるとHVやEVでもロードノイズや風切り音のほうが大きくなるため、人工音は不要と判断した。

また、将来的に歩行者検知システムなどが普及した場合には、基準値を下方修正することも検討する。規制案の全文はウェブサイト( http://www.unece.org/fileadmin/DAM/trans/doc/2016/wp29/ECE-TRANS-WP29-2016-026e.pdf )で公開された。

■米国の規制案は28.8キロ未満で発生
今回の規制案と同様の取り組みは米国でも進められている。2013年1月に発表された米運輸省の規制案では、EVとHVに対して、時速18マイル(約28.8キロメートル)未満での走行時に歩行者などが車の接近に気付くことができるような音を出すことを義務付けるとしていた。


情報源:国際自動車ニュース

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.