Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
三菱ふそう、独でEVトラックの実用試験を開始
2016年04月13日

三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は12日、独シュツットガルト市で小型の電気自動車(EV)のトラック「キャンター E―CELL」の実用試験を開始したと発表した。同市と物流事業会社ヘルメスに計5台提供し、1年間にわたって試験を行う。

ダイムラーのトラック・バス部門の総責任者であるウォルフガング・ベルンハルト取締役は「現代のディーゼルエンジンは高効率で環境性能に優れているため、長距離輸送で今後も引き続き使用される一方で、都市内部の短距離輸送では一部の車両を数年以内にEVトラックに移行していくことは技術的、経済的に実現可能」と指摘。電気トラック技術の開発や実用試験を通じ、都市モビリティに貢献していく考えを示した。

ポルトガルでの試験では、EVトラックはディーゼルトラックと比較して1万キロメートルの走行で約1000ユーロ(約12万4000円)の運用コストの削減となったという。

シュツットガルト市に提供する4台のトラックのうち2台はダンプ仕様で、道路・都市景観工事に使用。2台はバン仕様で、家財運搬とゴミ収集に使用される。また物流事業会社に提供する1台は都市内配送に使用される。

MFTBCはこれまでEVやハイブリッド車(HV)などの次世代トラックの開発に4000万ユーロ(約49億4000万円)を投資。実用試験で使用するキャンター E―CELLはポルトガルのトラマガル工場で製造されている。

情報源:株式会社国際自動車ニュース

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.