Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
大衆汽車自動変速器(天津)、アウディ用DCTの生産開始
2016年08月23日

フォルクスワーゲン(VW)傘下の中国・天津市の変速機メーカー、「大衆汽車自動変速器(天津)有限公司」の2期工場がこのほど完成し、22日からアウディ用デュアル・クラッチ・トランスミッション(DCT、VWはDSGと表記)の7速Sトロニック「DL382」の生産を開始した。アウディにとって中国初の変速機工場で、新型「A4L」などに供給する。

大衆汽車自動変速器(天津)は2014年の設立で、VW(中国)が51%、アウディが49%を出資する。天津市経済技術開発区に拠点を置き、これまではVW用のDCTの「DQ380」と「DQ50」を生産。新たに17億6900万元(約270億円)を投入し、DL382の生産ラインを新設した。新生産ラインの年産能力は24万台分で、フル稼働時の従業員数は1000人を超える見通し。生産能力を2倍に増強することも可能という。

■新モジュールで採用
新型の7速Sトロニックは、アウディの新モジュール方式のモジュラー・マトリックス「MLB」を用いたモデルに採用され、2000cc「TFSI」直噴ターボエンジンとの組み合わせで、クラス最高級の燃費効率と性能を実現。9月に発売されるA4Lに搭載される。A4Lは、新型「A4」をベースにした中国市場専用のロングホイールベースモデル。

アウディは1988年に中国市場に進出。第一汽車集団とVWの合弁である一汽大衆の吉林省長春市の工場ではA4Lのほか、「A6」と「Q5」、「Q3」を製造し、広東省仏山市の工場では「A3スポーツバック」と「A3セダン」を製造している。

情報源:国際自動車ニュース

一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.