Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
米コーニングのGPF、仏PSAが採用
2017年09月05日

ガラス製品・素材大手の米コーニングはこのほど、同社のガソリン・パティキュレート・フィルター(GPF)が仏PSAグループの「PureTeck」ガソリン直噴エンジンの全モデルに今年10月から採用されると発表した。独カイザースラウテウン工場から欧州市場に、中国・安徽省合肥市の工場から中国市場に、それぞれ供給する。

PSAは2000年、自動車メーカーとして初めてディーゼルエンジンにパティキュレート・フィルターを採用。今年5月には排ガス削減を図るため、全モデルにGPFを採用する計画を明らかにしていた。

PSAの1200cc3気筒ターボ付きPureTeckガソリン直噴エンジンは2014年以来、フランスと中国で累計85万基以上が生産されている。今後は欧州連合(EU)および中国市場向けの同エンジンすべてにコーニングの「DuraTrap GC」フィルターが搭載される。同フィルターはコーディエライトベースの材料組成で、低エンジン背圧でエンジン性能を維持したままガソリンエンジンから排出される微粒子を捕集する革新的なセラミックマイクロ構造が特長。

情報源:国際自動車ニュース

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.