Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
BMWコネクテッドカー+がパーソナライズサービスを実現
2017年10月17日

先週、BMWは電気自動車用のバッテリーをワイヤレスで充電できるようになるパッドを準備し、駐車するだけでバッテリーチャージが可能になることを公表した。BMWは、今後発売されるMicrosoft Officeの機能とともに、BMW Connected +の接続機能をさらに拡充する。

BMWは、2017年の初めに、最近発売された5シリーズと新モデルでデビューしたBMW Connected Onboardを使用して、パーソナライゼーションの分野でデジタルサービスの潜在的可能性を示した。 BMW Connected +は、スマートフォンと車両の間にデジタルブリッジを提供する。

BMW Connected Car +はコントロールディスプレイ上の車載パーソナライゼーションとスマートフォンのコンテンツ統合の次のレベルを提供する。これにより、車両の表示と操作がこれまで以上に簡単になる。同時に、個々のモビリティ計画を支援し、ユーザーがより複雑な環境においても自分の走行を発見する新しいサポートサービスが導入されることになる。

BMWグループにとって、パーソナライゼーションは、自動車の内外両方で、顧客のニーズに合わせてスマートフォンの使用を支援するための鍵になる。

BMW Connected +の新しいサービス。

BMW ConnectedConnectedDriveのサービス統合は、BMWドライバーのニーズを念頭に置いて開発された。 人々は移動時間中でも特にビジネスの生産性をあげたいものである。 この目的のために、BMW Connectedのデジタルサービスと生産性機能は、車内と車外の毎日の作業をできるだけ効率的にし、人生を楽しむ時間を費やすことができる。

自分の走行ルートを車に送る:スマートフォンを使ったルートプランニングがこれまで以上に簡単になる。 目的地が入力されると、BMW Connected +は車に十分な燃料があるかどうかをチェックする。 もし燃料が十分でない場合、BMW Connected +は道路沿いの適切場所で停止し、燃料補給をすることを示唆する。ユーザーは簡単にその経路を追加し、車両に直接転送することができます。 車両に入ると、予定されている停車駅が表示され、ルートを1回のクリックで開始できる。

ドア・ツー・ドアのナビゲート:走行終了時に駐車場を見つけることは、必ずしも最終目的地に到着することを意味するわけではない。 ナビゲート・ドア・ツー・ドアは、移動の最後を徒歩(ラストマイル)でユーザーをガイドし、準備ができたら自分の車に戻れるよう設計された機能です(ファーストマイル)。 車が停車すると、運転手が車のディスプレイにメッセージを表示し、スマートフォンが徒歩で進む方向を指示する準備が整ったことを確認します。 同時に、BMW Connected +はユーザーのスマートフォンにプッシュ通知を送信し、徒歩のナビゲーションを開始する。

BMW Connectedから馴染み深い「Time to Leave Notification」機能は、運転手がその日の後日に予定を立てれば、時間通りに到着するための理想的な時間を知らせることができます。 このシステムは、BMWに歩くのに必要な時間を考慮に入れ、スマートフォンやスマートウォッチにナビゲーション情報を表示することができます。

My Destinationsこの機能を使用すると、接続されているデバイスから、ユーザーのアドレス帳の連絡先情報とナビゲーションシステムに保存されている最近訪れた宛先の両方にすばやくアクセスできる。 このインテリジェントな目的地検索機能はユーザの連絡先とリンクしているので、次の目的地を選択するのに、誰かの名前を入力して関連するアドレスを選択するだけで簡単だ。

車に接続されたBMWのおかげで、BMW Connected +はユーザーの車両をデジタルモビリティのパーソナライズドコントロールセンターに変える。 ドライバのスマートフォンがシームレスに車に接続されると、車の中央ディスプレイから選択した機能にアクセスできる。

BMW Connectedは、IOSAndroidデバイス用の無料アプリとしてダウンロードできます。 BMW Connected +は、アップデートリリース(6.0)により、7月末には28カ国で利用可能となる。 このアプリを使用するには、スマートフォンが必要で、ConnectedDrive Services6AK)オプションで車両を指定する必要がある。

Microsoft Azureを搭載したiPhoneサービス

BMW Connectedは、Microsoft Azureに基づいたオープンモビリティクラウドを搭載し、iOS向けに提供され、デジタルサービス、自動化された運転と支援、デジタル用にシームレスに設計されたインテリアを含む「将来のモビリティ」に関する自動車メーカーのビジョンの一部です。 BMWは、Microsoft Azureの技術とツールを使用して、柔軟でスケーラブルな新しいプラットフォームであるOpen Mobility Cloudを構築しました。

オープンモビリティクラウドの柔軟なアーキテクチャにより、BMWは新しいサービスエクスペリエンスを容易に構築し、パートナーコンテンツを組み込み、スマートハウスのようなネットワークシステムを統合することができます。 これは、経験が着実に増え、改善され、将来的には車の充電を管理し、駐車を容易にし、家に帰ることを伝え、スマートな照明や機能をオンにすることができます。

マイクロソフトは、BMW 5シリーズ車に搭載されているインフォテイメントシステムに、Skype for Businessプラットフォームを統合するためにBMWと協力している。 Skype for BusinessiDriveに追加され、BMWのインフォテインメント技術がコラボレーションを改善し、スマートフォンが車に乗っている間にスマートフォンを握るようになる。

Skype for Businessは、ドイツ、フランス、イギリスのBMW 5シリーズの新型車に最初に装備される予定だ。

情報源:Auto Connected Car News

一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.