Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
GMが自動運転車の生産に1億ドル、ミシガン2工場を改修
2018年03月16日

ゼネラル・モーターズ(GM)は15日、自動運転車(自動走行車)の生産準備に向けて1億米ドル以上を投資すると発表した。2019年中にミシガン州内の2工場でシボレー「クルーズAV」の生産を開始する。

対象となるのはオリオン組立工場とブラウンズタウン電池工場。電池パックとルーフモジュールはブラウンズタウン電池工場で製造し、オリオン組立工場で車両に組み付ける。ルーフモジュールにはライダー(レーザー光線を使った距離計測技術、Lidar)やカメラ、各種センサーなどが組み込まれている。

クルーズAVはGMにとって第4世代の自動運転車となる。オリオン組立工場では2017年1月以降に第1〜3世代の試作車を計200台、生産してきた。第4世代のクルーズAVではハンドルやブレーキペダルなども搭載されない見通しだ。

■1月に公道での走行許可を申請

GMは今年1月、運輸省の高速道路交通安全局(NHTSA)に対してハンドルやブレーキペダル、アクセルペダルを持たず無人でも走行できる自動運転車の公道での走行許可を求める申請書を提出。2019年中に公道での走行が可能になることを求めた。まずはロボタクシーとして走行させることを想定している。

ただし、クルーズAVが走行できるのは事前に精密な地図情報が入力された範囲にとどめられている。GMは、どの都市で最初にクルーズAVを走行させるかについては明言していない。

情報源:国際自動車ニュース

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.