Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
シュコダ、改善提案で14億円のコスト削減
2019年06月19日

独フォルクスワーゲン(VW)傘下のチェコの自動車メーカーであるシュコダはこのほど、従業員から改善案を求める「ZEBRA」プログラムにより、2018年に総額で2億960万チェココルナ(約14億円)のコスト削減を実現したと明らかにした。


18年には従業員8462人から約3万件のアイデアが提案された。このうち60%以上が採用され、原材料などの消費削減などのコストカット、職場の安全管理の向上、人間工学的な作業プロセス改善につながったとしている。

また同社は、優れた提案に対して総額2650万チェココルナ(約1億2600万円)の報奨金を支給。1800万チェココルナ(約8540万円)以上のコスト削減につながる提案をした従業員チームには、60万チェココルナ(約285万円)を支給したという。

■自動車が当選する抽選も実施
同社はさらに、改善提案を行った全従業員を対象に、自動車1台が当たる抽選を年に4回実施。アイスホッケーの世界選手権などのイベント観戦券も提供した。

同社では、従業員による改善提案制度を1918年から実施。93年からは組織的なアイデアマネージメントを行ってきた。現在のアイデアマネージメントプログラムはZEBRAと呼ばれ、2010年にスタート。同プログラムによりアイデアの評価と実施、従業員への報酬が行われる。改善提案の件数は当初の1万1620件から、18年には過去最多の2万9971件に達した。最も多い提案は材料の節約や、製造工程の最適化に関するものだという。

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.