Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
夢のハイブリッドカー” Namir “、ジョルジアーロとフレイザーナッシュによって誕生
2009年03月27日

私はAuto, Motor und Sport(ドイツの著名な自動車雑誌)を読んだとき、ロータリーエンジンを搭載した、この夢のハイブリッドカー”Namir”(アラビア語で虎の意味)の記事にくぎ付けになった。なぜならこのハイブリッドカーは燃費でプリウス以上、スピードではフェラーリ並み(210mph = 時速336km)だというのだ。

“Namir”はイタリアのイタルデザイン・ジウジアーロ社と英国のフレーザーナッシュ・リサーチの共同開発で製造され、コンセプトカーとしてジュネーブモーターショー2009に出展された。

正直なところその性能については半信半疑だったが、電話をして確認する価値はあると思った。そこで取締役のGordon Dickson氏にコンタクトし、何故にワンケルロータリーエンジンをこのコンセプトカーに搭載したのか問い合わせてみた。

Dickson氏によると、ロータリーエンジンは究極にコンパクトであり、エネルギー効率が良い。”Namir”は直列ハイブリッドであり、4基の電気モーターと燃焼エンジンをつなぐ機械的な結合がない。それゆえ、814ccのワンケルロータリーエンジンを自動車後部の狭いスペースにうまく納めることができたのだそうだ。

さらに機能的な面を見てみると、燃費はリッター39キロで、CO2排出量は1キロメートル当たり60gだ。四輪駆動で、時速百キロに達するのにわずか3.5秒しかかからない。150kgのリチウムポリマーバッテリーを使用し、車体総重量は1,500kgになる。なおいつ市場に投入されるかは未定だが、何とも楽しみな車ではないだろうか。


執筆者:Dornbusch Consulting代表のマーチン・シュヴェロー氏

一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.