Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
(社)日本自動車部品工業会、平成20年度のチャイルドシートの出荷動向を公表
2009年04月06日

(社)日本自動車部品工業会では、毎年、チャイルドシートの国内出荷台数の調査を実施し、公表している。本年の調査は、会員企業のチャイルドシートメーカー(一部輸入品を含む)9社を対象に実施し、平成20年(2008年)1月から12月までのメーカー出荷台数をカテゴリー別に集計した。


1.総出荷量
総出荷量は、約142.2万台で、前年比で見ると、およそ117%と微増状態である。昨年は5年ぶりに出荷量が増加に転じ、2年連続での増加となった。2年連続の増加要因として、以下のようなことが考えられる。
(1)平成20年6月より後席シートベルト着用が義務化されたことに伴う波及効果。(特に学童用に顕著。)
(2)着用法制化(平成12年4月施行)前後に大量に出回っていたチャイルドシートの買い換え時期により、新品の購入に繋がった。
(3)チャイルドシートの価格帯が低廉化し、新品を購入しやすい環境となった。
(4)平成18年10月にECE R.44基準が国内導入され、ECE認証製品が市場に出回り始めた。

2.カテゴリー別出荷量
「乳児用」が約2.2万台(前年比94%)、「幼児・学童兼用タイプ」が約14.7万台(同97%)が微減したのに対し、「乳児・幼児兼用」が約57.7万台(同109%)、「幼児用」約3.5万台(同126%)に増加、また「学童用」が約64万台(同133%)と大幅に増加した。

3.型式指定品、ECE基準認証取得品及び輸入品別出荷量
ECE R.44基準を国内基準に採用した平成18年からの、従来基準による型式指定取得品、ECE基準取得品及び輸入品出荷量については、ECE基準を採用した翌平成19年にはECE認証取得品の割合は、約11万台と全体の1割だったものが、平成20年は28.5万台と、全体の2割を占め、大幅増となった。(資料1−2参照)

4.型式数
総型式数は74型式で、特に国内メーカーのECE認証取得品の型式数が18型式と増えつつある。


情報源:(社)日本自動車部品工業会プレスリリース

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.