Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
中国民族系メーカー、政府の支援を受け省エネ車開発へ本格始動
2009年05月11日

中国の民族系自動車メーカー、奇瑞汽車は本年2月にプラグ・イン電気自動車、チェリー18を量産することを発表し、中国国内市場での販売準備を進めている。同社はリチウムバッテリーを動力源とし、最高速度は時速120kmだ。

家庭用の電気コンセントから、一回4-6時間でフル充電でき、奇瑞が製造した充電器を使用すれば30分で80%まで充電できる。なお一回の充電で、120-150kmは走行可能だ。

奇瑞の広報担当者によると、S18は1年以内に市場に投入され、価格は70,000元(日本円で約101万円-1元=14.46円で換算)になる見込みだ。当初はS18を政府機関に提供し、実証試験をする。

奇瑞は2001年から電気自動車の開発に取り組んでおり、ハイブリッド車など多様な省エネ自動車の開発プロジェクトを進めている。2009年1月に、ハイブリッドカーのプロトタイプを完成し、年内には中型車のハイブリッドカーを販売する計画を立てている。

奇瑞が省エネ車に注力するのには、2012年までに60,000台の省エネタイプの自動車を市場に導入するという中国政府の意向が強く働いており、中国の自動車メーカーは、みな昨年より本格的な省エネ車開発競争に突入している。

また中国政府は、公共輸送機関に対してのみという制約はつくが、指定の13都市でハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車を購入した場合に、5万元から25万元の補助金を提供している。

このような政府の方針を受け、いまや中国の自動車メーカーは、みな省エネ自動車開発に重点的に資金投下している。一例をあげると、BYD(比亜迪汽車)は昨年12月に、同社のプラグイン・ハイブリッド車(F3DM)を149,800元で販売開始した。F3DMは通常の電気コンセントからで9時間でフル充電可能で、一回の充電で100km走行できる。

情報源:チェリープレスリリースその他

一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.