Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
米国、けん引トラックのブレーキ規制強化、停止距離30%短縮へ
2009年07月27日

米高速道路交通安全局(NHTSA)はこのほど、大型トラックのブレーキ規制を強化したと発表した。2012年から4年間かけて導入する。NHTSAは新規制により、死亡事故が年間277件減少するとの予測を示している。

これまでは、時速60マイル(約96.6キロメートル)で走行するけん引トラックがブレーキをかけた後、355フィート(約108メートル)以内で完全停止することが求められていた。新規制ではこれが250フィート(約76メートル)以内と30%短縮される(最大積載重量時)。一部の超重量けん引トラックについては310フィート(約94.5メートル)まで許容される。最小積載重量時には235フィート(約71.6メートル)以内に停止しなければならない。

新規制はけん引トラックのみに適用され、通常のトラックやトレーラー、バスは除外されるという。

■死亡事故は減少傾向

NHTSAは、新規制が最新のブレーキ技術の運送業への導入を加速すると述べている。最新統計によれば、大型商用車が死亡事故に関与した件数は減少傾向にあり、07年の4822件から08年には4229件に減ったという。

記事提供:株式会社国際自動車ニュース

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.