Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
マヒンドラとルノーのJV、事業計画見直しへ
2009年08月05日

マヒンドラ&マヒンドラ(M&M)と仏ルノーの合弁会社(JV)、マヒンドラ・ルノーは、製造する中型セダン「ロガン」の販売の落ち込みが激しいため、事業計画の見直しを図っているもようだ。4日付地元紙エコノミック・タイムズが伝えた。

同社は2005年、ロガンの製造・販売を目的にM&M51%、ルノー49%の出資で設立。07年半ばから販売を開始した。ただ、今年1月まで月間販売1200台を維持してきたロガンの売り上げが月500台に急減している。ピーク時の07年後半には月2200台を販売していた。M&Mのマヒンドラ会長は先ごろ行った年次株主総会で、同JVが08/09年度に49億ルピー(約98億円)の純損失を計上したことを明らかにしている。

両社はこれまで同JVに約50億ルピー(約100億円)を投資。今後の投資計画は明らかにされていないが、M&Mのゴエンカ社長は「今のところ新製品の計画はない」と説明。需要と売り上げ目標の減少に合わせ、生産を再調整していると述べた。ルノー・インディアのナシフ社長は、インド市場での活動を継続する考えを示した上で、投資には慎重な姿勢を示している。改良の一環として、ルノーは10年から導入される新排ガス規制にロガンを適合させていく予定。

同JVは当初、ロガンの製造をマハラシュトラ州ナーシク市のM&Mの工場で開始した後、同社のチェンナイ市工場で新型車を生産する予定だった。だが、経済低迷により、チェンナイ工場に対する投資の延期と、新型車の製造を遅らせることを余儀なくされている。



情報提供:株式会社国際自動車ニュース

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.