Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
インド、7月の乗用車販売、30.9%増の11.6万台
2009年08月11日

ンド自動車工業会(SIAM)が10日発表した7月の新車(乗用車)販売台数は前年同期比30.91%増の11万5067台を記録した。6カ月連続の増加。地元各紙が伝えた。


昨年以来、低迷を続けてきた商用車(トラック、バス)は同9.6%増の3万7624台。二輪車は同20.1%増の71万9668台で、このうちオートバイは同19.5%増の54万6245台だった。


SIAMのチェノイ会長は「乗用車の伸びは昨年7月の数字が低かったため」と説明。例年6月はモンスーン(季節風)の影響で売り上げが落ち込み、7月に回復すると述べている。


■マルチの輸出87%増

メーカー別では、マルチ・スズキが同33.4%増の7万8074台と急増。このうち国内販売は同27.63%増の6万7528台、輸出は同87.25%増の1万546台に急伸した。二輪部門では、ヒーロー・ホンダが同30.39%増の36万6808台を販売した。


■金利引き下げが追い風に

デリーやムンバイ、バンガロール、コルカタなど、国内新車市場の85〜90%を占める20都市では、7月の新車販売台数が12%増加した。背景には、金利引き下げに伴う消費者マインドの回復などがあるもようだ。10日付地元紙エコノミック・タイムズが伝えた。


マルチ・スズキ・インディア、現代モーター・インディア、トヨタ・キルロスカ・モーターズ(TKM)はいずれも、都市にあるディーラーショップに訪れる顧客の数が急増したと説明しているという。


フィアットのハッチバック型小型車「プント」、マルチの小型車「リッツ」、ホンダの「ジャズ」、チェコの自動車メーカー、シュコダの小型乗用車「ローラ」などの新型車の投入に加え、民間銀行による低利子ローンの増加も、新車市場に貢献したとみられている。新車購入の際に自動車ローンを利用する割合は、過去数カ月で55%から約70%まで増加している。


ホンダシェルカーズインディアの上席副社長は、オートマ車のセダン「シビック」の売り上げが先月70%増加したと説明。段階的にローンの利率が低下していることにより、都市部の需要が喚起され、新車に対する問い合わせが著しく増加していると述べている。


HDFCバンクの幹部社員は、新車購入者の約75%が住宅ローンを抱えていると指摘。住宅ローンの利率が低下を続けていることで消費者の負担が軽減され、自動車市場を刺激していると分析している。


情報提供:株式会社国際自動車ニュース



営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.