Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
シボレーボルト、市街地でリッター100キロ
2009年08月12日

ゼネラル・モーターズ(GM)は11日、来年中の発売を目指しているプラグイン・ハイブリッド車(PHEV)の「シボレー・ボルト」が市街地走行の実験でガソリン1ガロン(約3.8リットル)当たり230マイル(約368キロメートル)を記録したと発表した。ガソリン1リットル当たり96.8キロに相当し、「リッター100キロ」の水準となった。


ボルトは1回の充電で40マイル(約64キロ)の電力走行が可能で、この間はガソリンを使用しない。電池の残量が一定以下になると、ガソリンエンジンが始動して発電し、この電力でモーターを動かす仕組みだ。


■米国人の8割は1日40マイル以下

GMは運輸省が示した「米国人の8割は1日に40マイル以下の距離しか乗らない」とのデータを計算に入れた上で「リッター100キロ」という結果を発表したとみられる。ガソリンを使用した場合の航続距離は300マイル(約480キロ)としている。


GMのヘンダーソン最高経営責任者は「ユーザーが1日に1回、きちんと充電してくれるかどうかが、ボルトの性能を発揮させるカギになる」と指摘。ほとんどのユーザーは電機自動車(EV)としてボルトを使うことになるとの見方を示した。


■EPA新基準も追い風か

ただ、電力のみの航続距離40マイルについては、荷物の量や乗員、エアコンの使用度などによって変化する。環境保護庁(EPA)は次期の燃費基準測定方法で市街地の割合を増やし、高速道路を減らす方針を示しており、こうした点もボルトに有利な結果をもたらすとみられる。ボルトが使用する電力のコストは100マイル(160キロ)当たり2.75米ドルとなる見込みだ。


一方、地元メディアによると、同CEOは、2011年までに25車種を投入する方針を明らかにした。ブランドごとの内訳はシボレーが10、キャデラックが5、ビュイックとGMCが計10モデルとした。



情報提供:株式会社国際自動車ニュース

一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.