Autosurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Autosurvey.JPは、世界の自動車市場の情報提供サイトです。(本サイトは株式会社ユーディーアール(旧ディーアールアイ)が運営しています。)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
カーエレクトロニクス
自動車
自動車部品
アフターマーケット
テレマティックス
燃料電池
その他(素材、燃料等)
二輪車市場
機関車・列車
充電設備
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車
自動車保険
カーセキュリティ
電動バイク
M2M
ロジスティクス
特殊車両
自動車用ロボット
エネルギーハーベスティング
圧縮天然ガス車
コネクテッドカー
自動走行車
自動車技術
車載インフォテイメント
駐車場管理システム
オーディオ
自動車通信技術
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
自動車産業リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
中国、大手10社がエコカー共同開発へ、統一基準も制定
2009年08月17日

中国の自動車大手10社が、新エネルギー車の共同開発に意欲を見せていることが明らかになった。中国汽車工業協会の董楊秘書長の話として経済観察報が16日までに伝えた。


10社は上海汽車、第一汽車集団、東風汽車、長安汽車、広州汽車、北京汽車、ブリリアンス・チャイナ(華晨中国汽車)、奇瑞汽車、重慶汽車、江淮汽車。新 車販売で国内上位10社に入る大手が手を組み、電気自動車(EV)やハイブリッド車(HV)、燃料電池車などの環境対応車の技術を共同で開発する計画。完 成車、部品に関する統一基準も制定する方針という。


業界関係者によれば、10社の環境対応車(エコカー)の分野における技術レベルは千差万別。共同開発のためには投資の配分方法や知的財産権の所在を明確に する必要があり、実現に至るまでには時間を要するとみられる。ただ、統一基準の制定は比較的容易で、近く基準制定に向けた1回目の会合を開く予定だ。


これら10社は昨年、中国汽車工業協会の呼び掛けで、「中国自動車企業トップ10サミット」を定期的に開催することを決め、昨年9月と今年2月にそれぞれ 会議を開催した。今年7月に山東省で開かれた第3回会議では、コア部品を含む環境対応車を10社が共同で開発していく方向性が固まった。


大手のこうした動きに業界内からは「エコカーの分野を独占する行為ではないか」との声が上がっているが、中国自動車工業協会の関係者は、「トップ10サ ミットは売り上げの上位10社から成り、メンバーは販売実績によって3年ごとに見直す。対外的に開かれた組織であり、独占的な行為ではない」と説明した。


情報提供:株式会社国際自動車ニュース

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-5545-9597 FAX:03-5545-9598 E-mail:ogura@udr-inc.com
世界の自動車市場の総合サイト:Autosurvey.JP
運営:株式会社ユーディーアール
Copyright (C) Universal Data Resources , Inc. All Rights Reserved.